浄化槽について PR

環境を守る浄化のプロ!浄化槽管理士とは?仕事内容と魅力を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事でわかること

  • 浄化槽管理士とは?
  • 浄化槽管理士の重要性
  • 浄化槽管理士の業務内容

浄化槽管理士の資格は、浄化槽を管理する上で重要な資格の1つであり、「浄化槽施設の維持管理・運営に携わるための資格」です。

この記事では、浄化槽管理士の業務内容や資格取得に向けたステップを紹介していきます。

浄化槽業界で活躍したい方はぜひ参考にしてください。

浄化槽管理士の業務内容を把握することで、具体的なイメージを持つことができます。

浄化槽の基礎知識はコチラ≫

国家資格の浄化槽管理士!役割と社会的意義

「浄化槽管理士」は、浄化槽保守点検を行う専門知識を証明する国家資格。

国家資格とは、特定の職業に従事するための能力や知識を国が法律に基づいて証明するものです。

浄化槽の基本!役割と機能

浄化槽は日々の生活から排出される、一人200~250リットルの生活排水を微生物の働きを利用し浄化処理しています。

下水道未整備地域において環境に安全な放流水を提供する重要なインフラ設備です。

浄化槽管理士は浄化槽を定期的に保守点検し、メンテナンスを行って正常な機能を維持する専門家です。

環境問題の高まりと共に必要性が増している

環境問題への意識が高まるにつれ、浄化槽の浄化処理能力に対する要求も高まっています。

これに応じて法規が改正され、浄化槽管理士にはより高度な専門知識が求められるようになりました。

資格取得後も浄化槽管理士は新しい知識や技術の学びを続け、技術進歩や新たな課題に対応しながら浄化槽運用に努めています。

浄化槽管理士の資格取得から仕事内容

浄化槽管理士の受験資格は度々開かれており、実務経験、学歴、年齢、性別に関わらず誰でも挑戦できます。

浄化槽業界への進出を志す学生にとっても魅力的な資格です。ただし、試験会場は宮城、愛知、東京、大阪、愛知と全国一律で行われるわけではないため受験する場所の確認が必要です。

資格取得への道は独学または講習受講の二通りがあり、専門的な知識習得が必須です。

試験は7つの科目から出題されます。資格取得には一定の勉強と努力が必要で、「一発試験の合格率は20%前後と難易度は高めです。

試験は教育センター国家試験担当宛に提出後、毎年10月下旬に実施され受験料は23,600円となっています。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

管理士を目指す人必見!効率の良い学習方法

浄化槽管理士の資格取得には、「独学」と「講習受講」の2つの方法があると解説しましたが、私は「圧倒的に講習受講をおすすめ」します。

合格率は80%以上と確率が跳ね上がります。

  • 専門的な知識を習得できる
  • 資格取得に必要な知識を学ぶことができる
  • 他業種とのネットワークが広がる
  • 職場のスキルアップや昇進につながる
  • 法令や規制の知識がつく
  • 試験において重要な箇所を明確に指導してもらえる

浄化槽管理士講習を受講した受講者が試験に合格する傾向は高いです。

これは、浄化槽管理士講習において、受講者がより効果的に学習できるからです。

浄化槽管理士講習を受けることで、必要な知識や技術を習得し、合格率を向上させることができます。

ただし、合格には受講者自身の努力も欠かせません。講習を受けただけで自動的に合格できるわけではないのでご注意を。

また、「講習には費用がかかり、時間的な制約」もあります。講習のスケジュールが都合に合わないというデメリットも考慮する必要があります。

独学で学習する場合は、テキストや問題集を購入して自己学習を行うのが一般的です。

ただし、自己判断で学習するため、理解が十分でないまま受験する可能性があります。

合格するためには、「基礎的な知識を習得し、浄化槽の構造や仕組みを理解することが重要」です。

特に過去問題の解答を反復練習することは効果的であり、費用を抑えたい、自分のペースで勉強したいという場合は、独学で合格を目指すこともできます。

専門用語や計算問題も多く出題されるので、最初は意味を理解するだけでも一苦労かもしれませんが、問題を反復し、解いていくことで徐々に力はつきます。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

仕事内容、保守点検について

浄化槽管理士の主な仕事内容は、「保守点検」として浄化槽法で定められています。

保守点検では、浄化槽が適切に機能しているかを点検し、必要に応じて調整や修理を行います。

定期的に水質を確認したり、汚泥の状況を確認したり、消毒剤を補充したりすることが含まれます。

これらの作業は浄化槽の能力を常に最大限に発揮できるようにするために非常に重要です。

浄化槽の点検結果を基に、「施設のオーナーや管理者に対して浄化槽の設備や装置の改修や改善案を提案」します。

訪問件数は会社や地域によって異なりますが、通常は1日に10件から20件程度とされています。訪問先は個人宅、商業施設、公共施設など多岐にわたります。

これによって、浄化槽を適切に保守管理し、より良い水環境を守るために重要な役割を果たしています。

浄化槽管理士がもたらす環境保全と快適な生活!

浄化槽は複雑な構造をしており、わずかな不具合でも「詰まりやニオイの発生」など、生活に大きなストレスを引き起こす可能性があります。

浄化槽管理士は専門知識を駆使して、以下の内容をチェックし、浄化槽の動作を確認します。

  • 浄化槽の運転状況を確認
  • 汚泥の蓄積状況を評価
  • 配管やろ過装置(担体やろ材)の目詰まりをチェック
  • ブロワー(空気供給装置)の点検
  • 水質基準値を測定
  • 消毒剤や微生物の補充

浄化槽管理士はこれらをチェックするだけでなく、ブロワーやポンプといった機器類の調整や修理も行います。

浄化槽管理士に向く人の特性!

  • コミュニケーション能力が高い
  • 柔軟な対応ができる
  • 責任感が強い
  • 細かい作業が得意
  • 技術的な知識や興味がある
  • 虫や汚物、ニオイに耐性がある

コミュニケーション能力がある

浄化槽管理士は、顧客との円滑なコミュニケーションが必要な仕事です。

点検やメンテナンスを行う際には、顧客の状況や要望を正確に把握することが重要です。

そのため、高いコミュニケーション能力を持つ人は、浄化槽管理士に適しているといえます。

柔軟な対応ができる

浄化槽の点検やメンテナンスは、現場の状況によって異なるので、臨機応変な対応が求められます。

例えば、急な詰まりやトラブルが発生した場合には、柔軟に対応し問題を解決する能力が必要。責任感が強く、仕事に真剣に取り組める人が浄化槽管理士に向いています。

細かい作業も多く、正確さが求められます。

機器の分解・清掃、水質検査、部品の調整などがその例です。そのため、細部に注意を払える能力を持つ人も浄化槽管理士に適しています。

技術的な知識や興味がある

浄化槽の仕組みや機能を理解し、適切な点検やメンテナンスを行うために、技術的な知識を持つ必要があります。

また、技術的な知識に興味を持っている人は、浄化槽管理士としての仕事に向いていると言えます。

虫、汚物、ニオイに耐性がある

時に浄化槽管理士は、槽内に入る必要があったり、虫や汚物に触れることがあります。

保守点検作業では、時に汚水や汚泥、またはニオイの強い環境で作業を行うことがあります。そのため、そのような環境に対して耐性がある方が適しています。

【浄化槽の基礎知識】から仕組みまで!メンテナンスの重要性を徹底解説! 記事を見て解決できるお悩み 浄化槽とは? 浄化槽維持管理(メンテナンス)について 浄化槽清掃の重要性 ブロ...

将来性や収入について

地球温暖化や水質汚染といった環境問題が注目される中、浄化槽管理士の役割はますます重要になってきています。

環境への配慮が求められる現代において、この専門職の需要は高まると予測されます。

さらに、地方自治体や民間企業からの業務依頼が増えていることから、この職種の将来性は非常に明るいといえます。

収入に関しては、「年収340万円ほどですが、この数字は平均的なものであり」、経験や地域、勤務先によって異なる場合があります。

さらに、資格取得後は技術力や知識を磨くことで収入アップの可能性もあります。

浄化槽管理士の仕事は環境に直結し、社会貢献ができるため、やりがいを感じることができます。

意欲と熱意のある人ほど、将来的には収入やキャリアアップの機会が増えていくでしょう。

自分のペースで仕事ができる管理士の魅力

浄化槽管理士の魅力の一つは、比較的肉体労働が少なく、自分のペースで作業を進められることです。

主な作業は屋外で行われ、点検や清掃、修理などが中心となります。

また、多くの会社で週休二日制度が導入されており、プライベートの時間もしっかり確保できるため、働きやすい業界として注目されています。

浄化槽の種類や機能、点検方法に関する知識が身につき、実際の現場で問題が発生した場合に適切な対処ができるようになります。

また、浄化槽管理士の魅力の一つは、「環境保全に貢献する仕事であり、社会的な意義が高い」という点です。

浄化槽が適切に管理されていないと、水質汚染や公衆衛生上の問題が生じる可能性がありますが、浄化槽管理士は、適切な管理によってそのリスクを低減する役割を果たしています。

このように、浄化槽管理士は比較的働きやすい職業であり、環境保全に貢献する社会的な意義があることが魅力です。

ただし、屋外での作業が中心となるため、天候に左右されたり、時には汚れた環境下で作業することもあります。そのため、体力や健康管理には注意が必要です。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

浄化槽管理士は、「維持管理、保守点検、運用管理」などを担当するための資格で、自治体や土地所有者からの委託を受けて、浄化槽を適切に管理する役割が求められます。

資格を取得するには、専門知識を身につける必要があり、公的な機関や専門団体が主催する講習会や研修への参加が推奨されています。

また、浄化槽に関連する法令や規制に精通し、法令遵守に関する指導や相談にも応じることが求められます。

さらに、浄化槽の利用者や関係業者と円滑なコミュニケーションを図り、報告書の作成も担当します。

浄化槽管理士の役割は、水環境保全や地域の健康を守る重要なものであり、地域においてヒーローやヒロインとして活躍しています。

この仕事はインフラに関わるため、コロナなどの影響を受けにくい一面もあります。

多くの方に興味を持っていただけることを心から願っています。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中!SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し、河川に放流するシステムです。しかし、適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。この大切な維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽の持ち主である管理者が協力して実施します。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 また、浄化槽のことを理解することで、浄化槽管理が好きになれます。
オススメの書籍
関連記事