浄化槽保守点検 PR

【フジクリーンCA型】ユーザー必見!モアコンパクト浄化槽の維持管理ガイド!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: format-set-against-a-picturesque-home-backdrop-with-trees-and-a-blue-sky-focusing-on-a-compact-septic-tank-system.-Professionals.jpg

モアコンパクト型浄化槽の維持管理では詰まりが発生する問題があります。

この記事ではフジクリーンCA型浄化槽の基本と維持管理の要点を、初心者でも理解できるように説明しています。

いなジョー

詰まる箇所を覚えておきましょう

浄化槽基礎知識詳細はコチラ

処理方式=接触ろ床方式

  • 沈殿分離槽:汚水はこの槽で固形物や油が分離
  • 嫌気ろ床槽:嫌気ろ床槽で有機物や窒素が脱窒
  • 接触ろ床槽:好気性微生物が有機物や窒素の硝化を行いより高い水質処理が行われる

フジクリーンCA型浄化槽は「接触ろ床方式」を採用しています。

項目基準値
BOD20mg/L以下
T-N20mg/L以下
SS15mg/L以下
COD30mg/L以下

構造、総容量(5人槽の場合)フローシート

  • 沈殿分離槽 0.317㎥
  • ↓ 流入
  • 嫌気ろ床槽 0.600㎥
  • ピークカット部 0.120㎥
  • 接触ろ床槽 0.296㎥
  • 処理水槽 0.165㎥
  • 消毒槽 0.015㎥
  • → 放流
人槽総容量 (㎥)
5人槽1.513
7人槽2.117
10人槽3.029

ブロワーの風量

人槽風量 (ℓ/分)圧力 (kPa)消費電力 (W)吐出口径 (mm)
5人槽60153913
7人槽90155513
10人槽110187520
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

CA型1槽、維持管理ポイント

水の流れに番号を振っていきます。

一つ目の詰まりのポイントは赤○の3箇所です。

返送部分での詰まりが発生した場合はバルブを全開にし、ハンマーで軽くたたくことで解消できることが多いです。

生物膜が原因の場合はブラシで清掃してください。

次に汚泥攪拌装置の散気管。

汚泥攪拌装置の詰まりはユニオンを外し、ホースを接続して水圧で洗浄することで取り除けます。

汚泥撹拌装置は汚泥を細かく分散させることで、表面のスカム(汚泥)の生成を抑えるのに重要です。

機能を持続させるためには定期的なメンテナンスが不可欠です。

詳しい手順は動画をご確認ください。

CA型2槽、維持管理ポイント

二つ目の詰まりのポイントは「嫌気ろ床槽」で、4番目の部分に位置します。

ろ材に汚泥やガスが蓄積すると水の流れが悪化します。

詰まりを防ぐため点検時には塩ビ管を使ったガス抜きが必要です。

詰まりの判断基準は4番と5番の水位を比較し判断します。

通常、水位は同一で水位に差がある場合、詰まりが発生している可能性が高いです。

下記の動画で確認できます↓

ばっ気槽、消毒槽、維持管理ポイント

消毒槽の詰まりの主な原因としてオリフィスの詰まりが挙げられます。

オリフィスが詰まると水の揚水が停止し、「満水状態」になります。

揚水とは水を高い所に上げること。

オリフィスにはブロワーからの微細なゴミやホコリが「詰まりやすい細い穴」が存在します。

揚水の不具合が生じた場合、蛇腹部分を取り外し、クリップやマチバリのような細い道具で穴内のゴミを除去することで、揚水の機能が回復します。

また水道水を使用し通水することで詰まりの解消に効果的です。

上記の動画でオリフィスの詰まりを解消する方法を解説しています。お時間があればぜひご参照ください。

オリフィスを洗浄をする際は上部にある放流エアリフト管も洗浄しておきましょう。

揚水される水は消毒剤を通過した後に細菌が除去され側溝や河川へ放流されます。

フジクリーンCA型浄化槽清掃動画

上記の動画で実際の清掃手順を紹介しています。

何か参考になる点があれば、ぜひ取り入れてみてください。

まとめ

現役の浄化槽管理士の方々には、この内容が実体験に基づいたものとして響くと思います。これから現場で働き始める初心者の皆さんも、ここで取り上げた内容は避けて通れないものです。

この記事を通じて、皆さんの日々の業務に役立つ知識を提供できれば幸いです。

皆さんの浄化槽管理業務において参考資料となり、より良い成果に結びつくことを願っています。

いなジョー

個人的にこのモアコンパクト型は管理しやすい浄化槽です!

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中!SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し、河川に放流するシステムです。しかし、適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。この大切な維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽の持ち主である管理者が協力して実施します。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 また、浄化槽のことを理解することで、浄化槽管理が好きになれます。
オススメの書籍
関連記事