浄化槽保守点検 PR

【浄化槽マンホール】の汚れ対策!効果的な除去法と清掃グッズの詳細解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

浄化槽管理士が日々直面する、錆やゴミにより取り扱いが困難な重い鉄製マンホールのナットメンテナンス方法について解説します。

マンホールは安全性を保つための必要な耐荷重性を持っていますが、機能を維持するためにマンホールナットのメンテナンスが必要です。

マンホールについての詳細≫

メンテナンス前後のマンホールナットを比較

上の写真は磨く前のナット、下のナットは磨いた後のナットです。

磨いた後のナットは一目で綺麗さがわかります。長期間汚れたまま使用し続けると、ネジ山が損傷したり、締まりにくくなることがあります。

潤滑油とワイヤーブラシでナットを蘇らせる

CR-Cメンテナンスでは、アンギラスやワイヤーブラシを使用します。

潤滑油やブラシの種類に制限はありません。アンギラスを使用する理由は、ナットを挟んで磨きやすいため個人的な好みに基づくものです。

写真のようにナットを挟み潤滑油を吹きかけながらナットの溝を磨いていきます。

ナットを磨くと、見た目がきれいになります。時間が限られていても、基本的なメンテナンスは多くの人が実施できます。

いなジョー

まだまだお時間あるよって方は読み進めてください。

ダイスとダイスハンドルの使用方法

ダイスをハンドルに固定します。

¥3,172 (2023/02/06 06:24時点 | Amazon調べ)

ダイスの上部には凹みがあり、凹みをダイスハンドルのネジが収まるように合わせます。

このように上からマイナスドライバーで締めるとダイスが固定されます。

インパクトドライバーを使うか、手動でネジをゆっくり締めることでネジの溝を清掃できます。写真からは清掃によって汚れが取り除かれたのが確認できます。ネジの溝にはサビや砂利が入り込むことがあります。

汚れていたナットをウエスで拭き取ると、、、

いかがでしょうか?とても綺麗になりました。

ナットのネジの溝の清掃はこれで完了です。慣れれば作業は約5分程度。

いなジョー

もう少々お付き合いください!

プロが教える!マンホール溝の効果的な清掃方法

溝に潤滑油を吹きかけます。

使用する道具はコチラ。タップとインパクトに装着可能なドリルチャックです。

潤滑油を吹き付けながらゆっくりとネジを締めると、スムーズに回せます。

勢いよく締めるとネジが折れることがあるので、ゆっくり締めるのがポイントです。

グリスをネジの溝やマンホール側の溝にたっぷりと塗布します。グリスは潤滑性を高めサビを防ぐ役割があります。

ルーツブロワーやロータリーブロワーのメンテナンスにも頻繁に使用されるため、常に準備しておくことをオススメします。

これで作業終了。

まとめ

全ての現場でこの清掃作業を実施するのは現実的ではないかもしれません。時間がある時やネジの締まりが悪いと感じた時に清掃を行うことで、ネジや溝の寿命が延びます

いなジョー

するするとネジが通り気持ちがいいですよ~

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝えます。
オススメの書籍
関連記事