浄化槽保守点検 PR

【セキスイ小型SGC-5型】初心者向け!合併処理浄化槽の特徴と維持管理法解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

浄化槽について学ぶ方にとって、過去の機種やメーカー情報を学ぶことは難しいです。古い浄化槽の情報がネット上で少ないため、保守点検に苦労することもあります。

  • 処理方式は?
  • 総容量、ブロワーの風量は?
  • 管理ポイント、詰まり対処方法

多くの地域で古い型の浄化槽が現役で使われています。10年以上この業界で働いてきた私もまだ知らない浄化槽がたくさんあります。

この記事では初心者にも理解しやすいように、「セキスイSGC型の浄化槽」に焦点を当てて説明します。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

【浄化槽の基礎知識】から仕組みまで!メンテナンスの重要性を徹底解説! 記事を見て解決できるお悩み 浄化槽とは? 浄化槽維持管理(メンテナンス)について 浄化槽清掃の重要性 ブロワーの役...

嫌気濾床及び生物濾過を組み合わせた方式

処理方式は「嫌気濾床と生物濾過を組み合わせた方式」で、高い浄化性能を持っています。

日立KGF-2型と同様の機能を持つOEM製品でもあります。最初に汚水は嫌気濾床槽に流れ込み、槽内のろ材を通過して固形物と液体に分けられます。

【浄化槽維持管理】の重要性!機能維持と微生物管理のポイントを解説! 浄化槽の維持管理には保守点検、清掃、法定検査の三つの要素が重要です。適切に行うためには浄化槽の基礎知識が必要です。この記事で維持管理の...

下記の写真は別の型式の浄化槽で使用されるろ材の一例です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tantai.jpg

生物濾過とは?細かい浮遊物質(汚れ)を濾過する

生物濾過は汚水処理法の一つで、プラスチックやセラミックなどの微生物が付着・増殖しやすい素材を用いた担体を通して汚水を浄化します。

担体に付着した微生物が有機物を分解することで汚水を浄化します。

主に二種類の微生物が活動している

  • 嫌気性微生
    • 酸素を必要とせず活動する
    • 嫌気濾床槽内で有機物を分解
    • 分解の過程で主にメタンガスや硫化水素ガスを生成
  • 好気性微生物
    • 生物濾過槽で活動する
    • 酸素を使用し有機物を分解
    • 有機物は高度に浄化し、二酸化炭素や水に変わる
いなジョー

2種類の微生物によって処理しています!

生物濾過槽では汚れが蓄積するため、汚れを取り除くための逆洗管が設置されています。設定した時間になると自動で弁が切り替わり、汚れを剥がす作業が開始されます。

≫2口ブロワーの仕組みはコチラ

【プロが解説】2口ブロワーの逆洗機能って?購入時の失敗をゼロにする方法!浄化槽を利用していて、2口ブロワーの選び方に困っている方は、この記事を読むことで助けになること間違いなしです。本記事では、ブロワーの基礎知識から始め、どの商品を選べば良いのか迷う方向けに、具体的な指針を提供しています。...

5人槽の総容量は2.112㎥

セキスイSGC型5人槽槽容量 (㎥)
嫌気ろ床槽第1室1.035
嫌気ろ床第2室0.517
生物ろ過槽0.400
処理水槽0.139
消毒槽0.021
放流

合計2.112㎥となります。

人槽総容量 (㎥)
6人槽2.471
7人槽2.870
8人槽3.488
10人槽4.293

ブロワーの風量は80ℓ

風量80ℓの2口タイプブロワーを使用しており、初期のモデルとしてMB-80W型ブロワーが採用されています。ブロワーの寿命が近づいている場合は新規交換をおすすめします。

最新のブロワーは省エネ設計で、電気代を節約し、長期的に環境負荷も軽減できます。

おすすめの2口ブロワーはコチラ≫

管理ポイントはガス抜き作業

ろ材内にメタンガスやアンモニア性ガスが蓄積し、その性質によりろ材が押し上げられます。ガス抜き作業を怠ると、ろ材を支える板が破損したり、ろ材が落下します。

ガス抜き作業の手順は以下の動画で確認できます。

詰まる箇所は生物ろ過槽

生物ろ過槽で使われるスポンジ担体は逆洗により汚れは取り除かれますが、全てを除去できるわけではありません。

長期間使用すると担体は劣化し、状態が悪化したり水の流れが悪くなります。逆洗や詰まりの除去後も水位が正常に戻らない場合は担体の交換を検討しましょう。

動画を見ると具体的なイメージが理解できます。

処理能力

処理能力内容
処理対象人員5人
日平均汚水量1.0㎥
放水BOD20mg/L以下
BOD除去率90%以上

BODについての詳細

まとめ

SGC型浄化槽は嫌気濾床と生物濾過の二つの手法を組み合わせており、槽の容量は2.112立方メートル、ブロワーの風量は80リットルです。

管理上、定期的なガス抜きが非常に重要です。槽内に蓄積されたガスを放出し、ろ材や他の部品の損傷を防ぐためです。

生物濾過槽ではスポンジ担体の詰まりが浄化効率を低下させるため、担体の交換が最良の対策となります。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中! 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに発信をしています。SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が一丸となって行います。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 仕組みを知ることで浄化槽に魅力を感じ、興味を持っていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事