ブロワーについて PR

【浄化槽2口ブロワー】を自分で交換!浄化槽管理士が取り付け手順と選び方を徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ブロワーには「1口」と「2口」の2タイプがあります。この記事では「2口用ブロワー」の選び方と取り付け方法を解説します。故障時に問題箇所を判断するには専門知識が必要です。

おすすめの1口ブロワーはコチラ≫

結論はコチラ!

2口ブロワーの取り扱いには重要なポイントがいくつかあります。ブロワーの吹き出し口を自分に向け、表示された青色のシール「散気」が左右どちらにあるか確認します。このシールはブロワーが左用か右用かを示しています。

適切な方向にブロワーを取り付けることが浄化槽の処理機能維持に重要です。

ブロワーの吹き出し口の左側に「左ばっ気用」という青色のシールが貼られているのが写真で確認できます。これは「左側仕様」を示しています。表示がない、または消えてしまっているブロワーも多く存在します。その場合は管理業者に確認しましょう。

テクノ高槻DUOブロワーの購入を検討している方には、オンライン購入をおすすめします。コストパフォーマンスが高く、同価格の製品を管理業者では提供できません。

浄化槽に必須!ブロワーの役割とは?

浄化槽ではブロワーを使い、微生物に酸素を供給して汚水を浄化します。ブロワーは酸素供給だけでなく、散気管や汚泥返送管へのエアー分配にも不可欠です。

故障すると酸素供給が途絶え、好気性微生物が死滅し、ニオイ発生や配管詰まりのリスクが高まります。ブロワーの故障には迅速な交換や修理が必要です

ブロワー修理方法はコチラ≫

2口ブロワーの必要性:担体洗浄について

画像引用リンク

浄化槽には「生物ろ過」方式があり、好気的に処理された水が「担体」と呼ばれるろ過材を通り、汚れを吸着・ろ過し分解します。

水流が一方向に偏ると汚れが蓄積し、詰まりを引き起こします。これを解決するために「逆洗管」から空気を送り込み、汚れを浮き上がらせて洗浄します。

生物ろ過を行う浄化槽では2口ブロワーが必要で、1口は逆洗用に使われます。

エアコンのフィルター掃除を想像してください。表裏で汚れの取りやすさが異なります。生物ろ過方式も同様に、担体に詰まった汚れを剥がす作業が必要です。この作業を逆洗といいます。

逆洗で取り除かれた汚れはエアリフトポンプにより最初の槽に返送されます。左右の接続を間違えると浄化槽は正常に動作しません

購入時には自宅のブロワーが左側で散気を行うか、右側で行うかを確認してください。誤って左右逆のブロワーを購入した場合は「吐出口反転アダプター」を使用することで問題を解決できます。具体的なイメージは以下の写真をご覧ください。

YOU-shop 楽天市場店
¥850 (2023/11/07 16:06時点 | 楽天市場調べ)

ブロワーの取り付け方

ブロワーの取り付け手順は以下のとおりです。

  1. 使用中のブロワーの電源を切る
  2. 配管に固定されたゴムバンドを取り外す
  3. 新しいブロワーを取り付ける
  4. ブロワーの電源を入れる

取り付けは初心者の方でも5分程度でとても簡単です。

ブロワーの盗難を防ぐ方法

ブロワーの窃盗が増え、盗まれた製品がオンラインで販売されるケースもあります。テクノ高槻DUOブロワーには、右側に盗難防止用のストラップホールがあります

盗難を防ぐ方法は以下のとおりです。事前に対策を行うことで、盗難による損失を最小限に抑えられます。

  • 盗難防止ストラップを使用する
  • ブロワーを固定する
  • 屋内に保管する
  • 防犯カメラを設置する
  • 名前、ペイントを行う

NIKKO浄化槽対応ブロワーはコチラ≫

フジクリーン「UniSB」ブロワーの口コミ評判【ニッコー(NIKKO)の浄化槽に対応】フジクリーン「UniSB」が気になる人必見!この記事では、フジクリーン「UniSB」の特徴を解説します。実は、フジクリーン「UniSB」はニッコー浄化王にも対応する商品です。記事を読めば、フジクリーン「UniSB」を購入するべきか正しく判断できます。...

まとめ

2口ブロワーの重要性と「テクノ高槻DUOブロワー」の取り扱いについて解説しました。ブロワーは浄化槽内のエアリフトポンプや逆洗管への空気供給を通じて処理能力を向上させます。

吹き出し口の向きに応じた正確な取り付けが重要です。ブロワーの長寿命化と最適な性能維持には、定期的なメンテナンスや清掃が必要です。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝えます。
オススメの書籍
関連記事