ブロワーについて PR

【デジタル圧力計】浄化槽ブロワーの風量が弱い時におすすめ!簡単測定方法!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ブロワー故障の主な原因には圧力の低下や過負荷があります。

各ブロワーには「定格圧力範囲」という適正な圧力範囲が設定されており、この範囲を超えると故障リスクが高まります。不測の故障を防ぐため、圧力は定期的にチェックすることが重要です。

圧力計の使用方法については、動画で詳しく解説しています。

PDPG-30A圧力計の特長と使い方

ブロワーの圧力を測定するメリットを以下で解説します。

  • ブロワー本体の適正な圧力を正確に測定可能
  • 空気漏れや高負荷の原因を早期に特定・解決
  • ダイヤフラムの交換時期が明確になる

PDPG-30Aはポータブルデジタル圧力計です。この製品でブロワーの圧力を測定できます。

浄化槽での微生物処理には適切な空気供給が必須です。圧力が低下すると、微生物活動が阻害され、配管詰まりやブロワー故障の原因になります。

ブロワーのダイヤフラムやピストンは、高負荷時に故障リスクが増加します。圧力計を使えば定期的に簡単に圧力をチェックし、問題を早期に発見できます。

DMC楽天市場店
¥15,000 (2022/10/04 16:21時点 | 楽天市場調べ)

簡単操作!デジタル圧力計の測定方法

デジタル圧力計の使用法はシンプルです。ブロワーの吐出口に設置し電源を入れるとすぐに圧力が測定できます。

測定の様子は写真でご確認いただけます。

操作の詳細や実際の使用例を動画はコチラです↓

ブロワー本体には常用圧力と定格圧力(kPa)が明記されています。この基準で圧力を測定します。

今回の測定で常用圧力は15kPa、結果は12.9kPaでした。これは圧力の低下を示しています。

浄化槽の水位や配管の詰まりは変化するため、定期的な測定が必要です。前回の結果と比較し、変化の程度を目安にすることが重要です。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

ダイヤフラムは一年で劣化する

多くの現場での測定結果から、ロワーは一年以上使用すると常用圧力が下がることがわかりました。

製造メーカーは内部のダイヤフラム部品を年に一度交換することを推奨しています。しかし、費用や手間を考えると交換が行われないのが現状です。

部品交換を怠った現場では、圧力計で常用圧力の低下が確認されました。部品交換後には圧力が適正範囲に戻ることも確認できました。

これにより、メーカーが一年ごとの部品交換を推奨する理由が理解できます。空気量の不足は微生物への影響だけでなく、配管の詰まりを引き起こす原因にもなります。

この問題は圧力計で測定しないと気づくことが難しいです。正常な浄化槽運転を維持するためにブロワーの部品を定期的に交換することが必要です。

DMC楽天市場店
¥15,000 (2022/10/04 16:21時点 | 楽天市場調べ)

検証動画で明かされる驚きの結果

以下の動画をご覧いただきブロワーの新規交換の様子を確認してください。

動画を通じてよりわかりやすく理解していただけます。

浄化槽満水状態から正常な水位に戻るまでの圧力測定動画はこちら↓

ブロワーダイヤフラム交換時の圧力測定動画はこちら↓

おわりに

圧力計は非常に便利なアイテムです。

浄化槽のトラブルは予測が難しいものですが、このアイテムを利用することで問題の原因を迅速に特定できます。

DMC楽天市場店
¥15,000 (2022/10/04 16:21時点 | 楽天市場調べ)
ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中! 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに発信をしています。SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が一丸となって行います。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 仕組みを知ることで浄化槽に魅力を感じ、興味を持っていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事