浄化槽保守点検 PR

【2024年最新】モアコンパクト浄化槽の維持管理方法!クボタKZ型実践解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

クボタのコンパクト型浄化槽KZ型は、一般家庭や小規模な事業所で広く利用され、業界内で高く評価されています。

この記事では、KZ型浄化槽の維持管理方法について説明します。定期点検や詰まり解消法、トラブル対処法などをわかりやすく解説します。メンテナンスに不安を感じている方や詳細を知りたい方に役立つ内容です。

KZ型の処理方式と特徴は以下のとおりです。

  • 処理方式: 固液分離型流量調整付担体流動循環方式
  • 管理ポイント: 間欠定量移送装置の清掃が必須
  • ブロワーの風量: 50ℓ
  • 総容量: 1.624㎥

以下の動画では高負荷時の詰まり解消方法を実演しています。

クボタ浄化槽は業界内でコンパクト設計が特徴的で小型化を実現しています。

いなジョー

単独浄化槽からの転換も容易に行えます。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

担体流動ろ過循環方式

処理方式は「担体流動ろ過循環方式」です。

処理項目規格値
放流水のBOD20mg/L以下
T-N20mg/L以下

管理ポイント

汚水の流れを番号順に解説します。

この浄化槽は汚水が槽内をゆっくりと循環する設計であり、「逆洗が不要」な点が特徴です。「8から1には返送装置」が備わっており、汚泥が先に進んでも最初の槽へ返送する仕組みです。

≫逆洗の仕組みはコチラ

≫クボタ浄化槽KZ型の内部構造

クボタKZ型、NO1詰まりポイント

モアコンパクト型の主なデメリットは詰まりやすさです。以下の動画で詰まりを解消する方法について解説しています。

KZ型やKZⅡ型の浄化槽では、「1番」の「好気ろ床槽」が最も詰まりやすいです。この槽では、連続的に空気を供給し撹拌することで好気的な水質処理を促進します。

使用頻度が多いと汚泥の濃度が増えたり、トイレットペーパーや食べ残しなどの沈殿物が撹拌装置を詰まらせる。

詰まりが発生した場合は撹拌が停止し、浄化槽の処理能力が低下します。

ニオイや詰まり、水位上昇などの問題を引き起こす原因に。

配管が詰まると槽内の微生物が必要な酸素を十分に取り込めなくなります。「スカム」と呼ばれる浮きカス詰まりをさらに悪化させる原因です。

スカムは配管や流入口を遮断し水の流れを妨げる

流入口を完全に塞ぐと汚水が逆流する

写真は詰まり解消後の槽内です。

1番の詰まりの抜き方

詰まってしまう箇所には現場での細工がおすすめです。

≫細工方法はコチラ

水道ホースをブロワーに接続し水圧を利用して配管の詰まりを効率的に解消できます。配管の詰まりを素早く除去するのに有効です。

動画では移動床式ろ過槽の詰まりを解消する様子を紹介しています。

5人槽ブロワーの風量60ℓ

KZ型の人槽、風量は以下のとおりです。

人槽風量 (ℓ)
5人槽60
7人槽80
10人槽120

適切な風量のブロワーを取り付けることで効率的に処理が行われます。

5人槽の総容量は1.406㎥

各槽容量
好気ろ床槽0.105㎥
沈殿分離槽0.432㎥
嫌気ろ床槽0.528㎥
担体流動槽0.205㎥
移動床式ろ床槽0.067㎥
処理水槽0.054㎥
消毒槽0.015㎥

合計すると1.406㎥です。

人槽総容量 (㎥)
7人槽1.955
10人槽3.219

まとめ

クボタKZ型浄化槽は、高性能とコンパクトな設計で高く評価されています。コンパクトゆえに適切な維持管理を必要です。

管理業者は定期的な講習を受け最新の知識と技術を習得しています。維持管理によって浄化槽の寿命を延ばし効率的に運用できます。

いなジョー

最後まで見て頂きありがとうございます。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事