浄化槽について PR

トイレの水位が異常に低い?原因と解決策を徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

トイレの水位がいつもより低い、あるいは水が全くないという状況を見たことはありませんか?これらの症状は、トイレトラブルのサインです。

トイレが使えなくなるだけでなく、悪臭や害虫被害を引き起こす原因になります。

トイレの水位が低下する背景には、さまざまな原因が考えられます。

間違った対処をすると、状況をさらに悪化させることも。

本記事では、トイレの水位低下の原因と対処法について分かりやすく解説します。

トイレがつまると水位が下がる?

トイレのトラブルとしてよくあるのが、「排水の詰まりによる水位の低下」です。

水位が徐々に下がるケースと、突然水が減少するケースの二つに大別されます。

水位の低下は必ずしも排水管の詰まりを意味するわけではありませんが、問題を示唆する兆候と思っていいでしょう。

初期段階での適切な対応は、後に起こりうるトラブルを防ぐために非常に重要です。

早期発見と対応が、トイレの問題を小さく抑え、快適な生活を維持する鍵となります。

水位低下の原因

水位低下の背後には「封水」があります。封水は便器内に常に保持される水で、下水の異臭や害虫の侵入を防ぎます。

しかし、排水管の異物による詰まりが封水の保持を妨げることがあります。

排水管が詰まると、水の流れが悪くなり、本来便器内に留まるべき封水が排水管に流れ出してしまいます。

これが、水位が低下する主な原因です。

つまり以外の原因

  • 水の蒸発:特に使用頻度の低いトイレでは、水が自然蒸発することがあります。
  • サイホン作用:特定の状況下で発生し、水が引き抜かれることがあります。
  • 毛細管現象:細かな亀裂から水が染み出ることで水位が下がる場合があります。
  • 便器の破損:便器自体の亀裂などから水が漏れることも。
  • 流れる水量の変化:給水系統の問題で水量が減少することも考えられます。

誤った対処は問題を悪化させかねません。症状の原因を冷静に分析し、適切な対応を心がけましょう。

トイレの水位が突然低くなった?理由と解決策

トイレの水位が異常に低い、水が全くない状態に困惑したことはありませんか?このような現象はさまざまな原因が考えられ、適切な対処が必要です。

ここでは、原因と対処法を詳しく解説します。

原因

  • 排水管の詰まり:排水管に異物が詰まることで、水の流れが悪くなり水位が低下する。
  • 水漏れ:便器やタンクの隙間からの水漏れにより、水位が保持されず低下する。
  • 通気管の問題:通気管が詰まると、排水時の空気の流れや気圧のバランスが崩れ、水位が不安定になる。
  • 水圧の問題:住宅全体の水圧が不安定な場合、トイレの水位に影響を与えることがある。

対処法

  • 排水管の詰まりの解消:ラバーカップ(プランジャー)や専用クリーナーを使用して詰まりを解消します。
  • 水漏れの修理:原因を特定し、必要に応じて部品交換や修理を行う。
  • 通気管の確認と清掃:詰まりがないか確認し、必要であれば専門業者に依頼する。
  • 水圧の調整:問題が水圧にある場合、水道局や専門業者に相談し、調整を検討しましょう。

水の蒸発

長期間家を空けた後、トイレの水位が低下していることに気づくことがあります。

これは、使用されていない期間に水が蒸発するためです。問題ない場合、トイレを使用し水を流せば水位は元に戻ります。

長期間家を空ける際は異臭を防ぐために、コップ1杯の水を足すか、特殊蒸発防止剤を使用することをオススメします。

サイホン作用

マンションやアパートにおいて、上階が大量の水を流した際に自宅のトイレの水位が下がることがあります。

これはサイホン作用によるもので、通常はトラブルにつながることはあまりありません。

水位が下がっている場合は、住環境を疑ってみましょう。

毛細管現象

トイレットペーパーやその他の水を吸収する物質が封水と接触しているときによく起こります。

この現象は、水分が細かな隙間や溝を通じて移動する「毛細管現象」によるものです。

毛細管現象とは、物質の表面張力によって水分が細かな空間を移動する現象です。排水路に流れ損ねたトイレットペーパーが残っていると、封水が毛細管現象を介して徐々に吸い上げられ、水位が低下します。

節水していると、この現象が現れやすく、水位が下がることがあります。

対策としては、トイレットペーパーが残らないように注意し、水位の低下が気になる時は通常の水量(大)で流しましょう。

便器の破損

便器や排水管の破損も水位低下の一因です。

特にマンションやアパートでは、水漏れが下階に影響を及ぼす可能性があるため、早期発見が重要です。

便器や排水管の破損は目に見えにくいことが多いため、水位の減少が続く場合は、専門業者による点検を実施してください。

流れる水量の減少

便器を流す機能やトイレタンク、水道管の故障により、トイレに流れる水量が減少することがあります。

自分で確認できる箇所は、トイレタンクのチェックです。

タンク内の水の状態や供給状況、各部品の損傷を確認し、必要に応じて部品の交換や修理を行いましょう。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中!SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し、河川に放流するシステムです。しかし、適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。この大切な維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽の持ち主である管理者が協力して実施します。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 また、浄化槽のことを理解することで、浄化槽管理が好きになれます。
オススメの書籍
関連記事