浄化槽について PR

【浄化槽 vs 下水道】どちらを選ぶ?メリット、デメリットや費用の違いを徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事では下水道と浄化槽の選び方について解説し、特徴とコストに焦点を当てます。下水道と浄化槽は運用費用やメリットに差があります。記事をみて解決できるお悩みは以下のとおりです。

  • 浄化槽と下水道の違い
  • それぞれのメリット、デメリット
  • 費用の違いについて

メリットとデメリットを理解することで、適切な選択が可能です。初心者の方でもわかるように主要な違いと選び方を説明します。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

動画で見たい方は以下の動画をご覧ください。

都市の衛生を支える下水道

下水道は地域で発生した汚水や排水を地下の配管ネットワークを通じて一か所の処理施設に集めて処理するシステムです。

下水道のメリットは、利用者にとって手間がかからず衛生的で、環境に配慮した汚水処理が可能な点です。

都市や地域の衛生状態を保つ上で重要なインフラであり、生活と環境保護に重要な役割を果たしています。

浄化槽とは?汚水浄化施設の仕組み

浄化槽は下水道設備が整っていない地域や将来的に整備される予定のない地域で使用される汚水処理設備です。

各家庭に設置される合併処理浄化槽で、微生物が有機物を分解し汚水を浄化します。下水道と同様に、重要なインフラとして環境保護と水資源の管理に欠かせない役割を果たしています。

下水道のメリット

下水道の利用には、自宅での汚水処理が不要であり、処理が自動化されて手間がかからない点があります。地域全体で汚水を集中処理するため、環境負荷を軽減します。

整備された地域では既存の配管を利用して接続可能で、接続費用も低く抑えられます。

下水道の維持管理は自治体が行うため、個々の家庭で管理や維持費用を負担する必要がないことがメリットです。

下水道のデメリット

水使用量の計測では、使用量に比例して費用が増加し水道費用が高くなることを覚えておく必要があります。

  • 水使用量増加 = 費用増加
  • 設置に時間がかかる
  • 災害に弱い

下水道の設置には時間が必要です。下水道が整備されている地域でも各家庭への配管工事が必要なためです。

地震などの災害が発生した際、下水道の重要部分にひび割れや破損が生じると全体が機能しなくなるリスクがあります。災害時の脆弱性としての欠点といえます。

浄化槽のメリット

浄化槽の特徴として、水道使用量に関わらず年間の契約料金のみが発生します。地震や洪水などの災害に対する耐性が高く、緊急時でも機能し続けることがメリットです。

各世帯に独立して設置されるため、問題発生時には原因の特定と迅速な対処が可能です。詰まりなどの問題が生じた際、管理業者への連絡が容易で、設置に要する時間が約1週間と短い点もメリットです。

浄化槽のデメリット

維持管理には一定の費用がかかります。定期的な点検と清掃が必須であり、消耗品も定期的に交換する必要があります。

  • 維持管理に一定費用がかかる
  • 定期点検・浄化槽清掃が必須
  • 消耗品は定期交換が必要

浄化槽維持管理についてはコチラ≫

浄化槽と下水道、どちらを選ぶべき?

下水道が整備されている地域にお住まいの方は下水道の利用をおすすめします。浄化槽は適切に運用することで節約できるといったメリットがあります。

多くの方が「下水道と浄化槽、どちらも費用がかかるのはなぜ?」と疑問に思うかもしれません。理由はどちらも「専門家による維持・管理が必要」だからです。

費用についての懸念を持つ方や浄化槽を利用している方は、以下の記事を参照するとより詳しい情報を解説しています。

浄化槽【維持管理費用】驚きの低さ!専門家が解説するお得な理由とは? この記事では、定期的なメンテナンスにより水環境を維持するための浄化槽の重要性について解説します。浄化槽についての知識は環境保護...
ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事