浄化槽について PR

【2024年最新】合併処理浄化槽リフォームとトイレ修繕の工事費用相場と節約ポイント!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

汲み取り式トイレから水洗トイレへの変更を検討している方々へ。下水道が整備されていない地域でも合併処理浄化槽を設置すると水洗トイレを使用できます。

この記事では汲み取り式から水洗トイレへの変更方法、浄化槽の設置手順について解説します。

この記事で解決できるお悩み
  • 浄化槽リフォームの必要性と自治体が推奨する理由
  • くみ取り式トイレから水洗トイレへのリフォーム方法
  • 合併処理浄化槽の仕組み、トイレ水洗化のメリット・デメリット
  • 浄化槽とトイレリフォームの工事手順、期間、費用相場、DIYについて
  • 補助金を活用したお得な浄化槽リフォーム

自治体が推奨する浄化槽リフォームの重要性

汲み取り式トイレから水洗トイレへのリフォームが必要です。汲み取り式トイレは環境汚染の原因になります。

合併処理浄化槽は生活排水を微生物が処理し、環境保護に役立ちます。水質汚染は世界的な問題で、途上国ではトイレの整備不足が健康と環境に悪影響を与えています。

日本では感染症予防と環境保全のため、水洗化と合併処理浄化槽の設置が推奨されています。自治体からの支援もあります。

浄化槽の基礎知識はコチラ≫

【浄化槽の基礎知識】から仕組みまで!メンテナンスの重要性を徹底解説! 浄化槽とは下水道の整備されていない地域や水洗トイレを使用するために必要な設備です。「浄化槽維持管理は法律で義務」付けられ定期的なメンテ...

下水道直結型の特徴

下水道が整備された地域では、トイレを水洗式にリフォームできます。これを「下水道直結型」と呼びます。

トイレや台所からの生活排水は下水管を通じて下水処理場に運ばれ、処理後は安全に河川や海、湖に放流されます。

リフォームを検討中で自宅の下水道接続状況が不明な場合は、最寄りの不動産業者や市役所、水道局に問い合わせてください。

下水道非対応地域の救世主!合併処理浄化槽

下水道が整備されていない地域で水洗トイレにリフォームするには、「合併処理浄化槽」が必要です。

合併処理浄化槽は下水処理場と同等の処理能力を持ち、生活排水すべてを処理できます。水洗トイレへのリフォームには、合併処理浄化槽が欠かせません。

汲み取り式は水洗化されていないトイレ

合併処理浄化槽の導入は、環境保護のためにますます重要です。

下水道の整備と浄化槽の普及により、汲み取り式トイレの数は減少しています。40年以上経過した建物では、単独処理浄化槽が多く使用されています。

下水道や浄化槽の設置が難しい地域や、水洗トイレへの切り替えに抵抗がある方には、現在も汲み取り式トイレが使われています。災害時など緊急にトイレが必要な場合も同様です。環境庁(外部サイト)

無料で約1000社からリフォーム会社を比較できる!

汲み取り式トイレの問題点

汲み取り式トイレは衛生面での問題が数多く存在します。汲み取り式トイレの問題は以下のとおりです。

  • 衛生的問題: 清潔さの維持が難しく、ニオイや害虫が発生する
  • 安全性: 屋外設置のため、子どもの事故リスクがある
  • 環境影響: 生活排水の不適切な処理による地域への負荷
  • メンテナンス: 定期的な汲み取りが必要で、手間が掛かる

汲み取り式トイレは環境への影響やニオイ、害虫の発生といった問題があります。屋外設置の場合、小さな子供の落下リスクも心配です。

現代の生活や環境保全を考えると、下水道や合併処理浄化槽への移行、リフォームが有効です。

合併処理浄化槽の仕組み

合併処理浄化槽は微生物の活動を利用して生活排水を浄化します。自然に近い方法で汚水を効率的に処理し、下水道未整備地域では環境保護に重要な役割を担います。合併処理浄化槽の工程は以下のとおりです。

  1. 嫌気ろ床槽: 有機物の分解を嫌気性微生物が行う
  2. 接触ばっ気槽: 好気性微生物がさらなる分解を行う
  3. 沈殿槽: 浄化した水から固形物を沈殿
  4. 消毒槽: 上澄み水を消毒し放流

浄化槽が正しく機能しないと、浄化能力が低下します。健康的な生活を保つためには、定期的なメンテナンスと清掃が必要です。

浄化槽の維持管理は所有者の法的責任であり、処理性能を維持するためには管理が必須です。以下の動画では浄化槽の仕組みをわかりやすく解説しています。

トイレ水洗化のメリットとデメリット

トイレ水洗化のメリットは以下のとおりです。

  • 落下事故のリスク低減: 水洗トイレは構造上、子どもの落下が起きない
  • ニオイ・害虫の問題軽減: 水洗トイレは感染症も含め、ニオイや害虫が少ない
  • 災害時の安全性: 浄化槽は災害に強い

デメリットは以下のとおりです。

  • 電気代: トイレの水洗化による消費電力の増加
  • 浄化槽の維持: 定期的な清掃・点検の費用が必要
  • 機械の維持: 故障リスクによるランニングコスト

無料で約1000社からリフォーム会社を比較できる!

トイレリフォームの工事手順や期間・費用相場

下水道が未整備の地域での水洗トイレリフォームには、緻密な計画が求められます。手順や期間、費用は以下のとおりです。

  • 状況評価: トイレと下水道の状態を業者と確認する
  • 計画策定: 工事内容と予算の明確化
  • 施工: 専門業者によるリフォームを行う
  • 最終チェック: 工事の適切性を検査する

リフォームの期間は工事の規模に応じて、数日から数週間が一般的です。

既存のトイレ撤去
業者によるくみ取り式トイレの安全な撤去と、既存の排水設備改修の検討を行う。
浄化槽埋設
浄化槽の埋設に適した場所を選定後、専門業者により埋設作業を行います。新モデルの水洗トイレを設置し、トイレと浄化槽との間の配管接続を実施します。
内装工事
トイレのスタイルと色を選定し、床や壁の材料を選び仕上げを行います。内装工事の費用と所要時間を確認します。

費用や補助金についてはコチラ(外部サイト)≫

工事期間の平均

工期は作業内容や工事規模により異なります。浄化槽設置と配管作業がシンプルで距離が短ければ、約3日で完了します。一般的なリフォームでは約10日が妥当です。

内装やバリアフリー化の追加工事がある場合、工期は数ヶ月に延びることがあります。これは専門的技術や詳細な計画が必要なためです。

無料で約1000社からリフォーム会社を比較できる!

工事費用相場

工事費用は環境次第で変わりますが、「相場は80~150万円程度」です。

項目費用
くみ取り式トイレの清掃消毒・解体約10万円
浄化槽本体30万円~50万円
配管工事10万円~30万円
現場養生約5万円

失敗しない工事業者の選び方とポイント

トイレの水洗化リフォームを検討する際は、以下のポイントを参考にしてください。

アフターサービスの充実
工事後のメンテナンスと修理対応を確認し、業者の過去の評判やクチコミも検討します。
万が一の保証期間の設定
設備や工事の問題に対する保証内容と、その保証期間及び詳細を確認します。
見積もりの明確さと追加費用の確認
明確な見積もりを取得し、追加費用の発生を防ぎます。見積もりの詳細を確認し、必要に応じて業者に質問します。
説明の丁寧さ
業者による工事プロセスと設備の丁寧な説明を確認し、相談や見積もり時の対応も検討します。

トイレの水洗化リフォームは生活に密接に関わる重要な工事です。業者の選定が特に重要です。上記のポイントを参考にして慎重に業者を選びましょう。

自治体指定業者の選び方

市町村が指定する浄化槽工事業者の利用をおすすめします。信頼性が高く地域によって指定業者が異なります。関連部署に問い合わせると業者情報が得られます。

計画段階からサポートが受けられ、手続きや書類作成がスムーズに進みます。多くの自治体が公式サイトで指定業者のリストを公開しているので、参考にしましょう。

自宅建築を担当したハウスメーカーや設備工事業者も浄化槽工事を行うことが多いです。既に信頼関係がある業者に問い合わせると安心して工事を進められます。

複数の見積もりを取るメリット

工事業者を選定する際は、複数の企業から見積もりを取得しましょう。業者を選ぶポイントは以下のとおりです。

  • 態度:横柄な業者は初めから避ける
  • 現地調査:調査なしの金額提示は要検討
  • 見積もり:極端に安い場合は追加料金の可能性を警戒

業者選びは信頼性と透明性を最優先に行いましょう。コストだけでなく、対応の質や過去の実績も考慮することで、満足度の高い工事が期待できます。

トイレリフォームのDIYについて

多くの方がDIYを楽しんでいますが、浄化槽やトイレのリフォームには専門的な知識と技術が必要です。一般の方には難しく、実質的には不可能です。作業には以下の知識と資格が必要です。

  • 専門的工程:くみ取り式からの変更は既存便槽の取り扱いが必要
  • 国家資格:「浄化槽設備士」の監督が法律で義務付けられている
  • 重機操作:地中掘削には専門技能が必要
  • 基礎・配管工事:正確な工程には高い技術と経験が求められる

浄化槽リフォームは専門知識と技術を持つ業者に依頼するのが最も安全かつ効率的です。

補助金申請の前に知っておくべき種類と関連費用

くみ取り式から水洗トイレへの変更は大がかりな工事で、一般的には約80〜150万円の費用がかかります。経済的に工事を進めるためには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 補助金:浄化槽リフォームに自治体の補助金利用で費用軽減
  • 介護保険:要支援・要介護家庭は介護保険と併用の可能性あり
  • 目的:水質汚濁の防止と生活環境・公衆衛生の向上
  • 対象:合併処理浄化槽の設置者

北海道七飯町HP(外部サイト)

補助金の条件や金額は自治体ごとに異なるので、詳しい内容はお住まいの役所で確認するか、一般社団法人浄化槽システム協会(JSA)のホームページを参照してください。

厚生労働省の関連資料も役立つ情報源となります。

無料で約1000社からリフォーム会社を比較できる!

浄化槽リフォームの手続き方法

浄化槽のリフォームを計画する際は、以下の手続きが必要です。

  • 申請手続き:浄化槽設置申請は工事前、交付決定後に工事開始
  • 電子申請:自治体によりオンライン申請可能。地域の公式サイトで確認
  • 必要書類:環境省のサイトで詳細確認可能

自治体によって補助金の金額に差異あり

リフォームを計画する際、自治体が提供する補助金を利用することが考えられます。補助金の金額や申請期間は自治体によって異なります。

具体的な内容や条件は、各地域の役所で確認しましょう。補助金の利用により、経済的負担を軽減しながらリフォームを進めることができます

熊本市の浄化槽設置補助金申請について

令和5年度(2023年度)の熊本市における浄化槽リフォームの補助金は、以下のとおりです。補助金の額は、各区分に掲げる額と実設置工事費のいずれか低い額となります。

項目5人槽7人槽10人槽
転換(浄化槽本体工事)444,000円486,000円585,000円
転換(宅内配管工事)300,000円300,000円300,000円
単独槽撤去120,000円120,000円120,000円
くみ取り撤去90,000円90,000円90,000円

熊本市HP≫(外部サイト)

浄化槽リフォームの際、補助金制度を利用すると費用を軽減できます。申請方法や必要書類は公式ホームページや窓口で確認しましょう。

補助金受取の条件は細かく定められています。工事前に自治体への確認が重要です。

中津市のHPにある、補助の対象となる方のフローチャートでもわかりやすく解説しています。

まとめ

くみ取り式トイレから水洗トイレへの変換に伴う浄化槽リフォームについて解説しました。リフォームにおける重要なポイントは以下のとおりです。

  • 環境と健康:浄化槽リフォームは環境保全と健康維持に貢献
  • 必要性:下水道未整備地域は合併浄化槽が必要
  • 工事詳細:場所により工事期間・費用が変動。事前確認が重要
  • 見積もり:複数業者からの取得で適切な選択を
  • DIY難易度:トイレリフォームは上級者向け、注意が必要
  • 補助金:自治体の制度を活用してコスト削減

トイレを水洗化することは、地球環境を守り、健康的な生活への大切な一歩です。日々の不便から解放され、ゲストにも心地良い空間を提供できます。

補助金を上手に利用して、新たな快適生活をスタートしましょう。

いなジョー

インフラの更新で生活がより快適・便利になります!

無料で約1000社からリフォーム会社を比較できる!

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事