浄化槽について PR

合格の鍵はココ!【浄化槽管理士免許】取得の効果的な勉強法!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

早速浄化槽管理士取得のコツを一言でいうと、「2週間の講習を受けつつ、1日8時間の授業で特に最後の10分間に全力を注ぐ」ことです。

「それだけ?大丈夫?」と疑問に思った方が多いでしょう。

初めのうちは短時間で理解しきれない部分もあるかもしれませんが、焦らず自分のペースで学んでいくことが大切です。

本記事では講習会での体験談を織り交ぜ、受講者の負担を軽減することを目的としています。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ

合格率を上げるための戦略

浄化槽管理士を取得するには、二つの選択肢があります。「一発試験」または「13日間(80時間)の講習」です。

ただし、一発試験の合格率は約20%ほどであり、一方で講習を受けた方の合格率は80%以上という明確な差が存在します。

そのため、管理士免許が必要な方には、「時間や費用をかけてでも講習を受けることを強くおすすめ」します。

講習の費用は129,700円ですが、その投資により合格率は大幅に上昇します。

一発試験で見事合格を勝ち取る方は稀で、そのためには綿密な学習と集中力が求められます。

合格者の体験談を聞くと、浄化槽のテキストを数ヶ月も前から毎日繰り返し読み、全ページを暗記するほどの地道な努力が必要だと話されます。

毎年一発試験を受け続けているにも関わらず、なかなか合格に至らない方が多いという現実を鑑みると、やはり講習を受講することを強くおすすめします。

合格を掴むための成功パターンと学習方法

私は10代の頃に浄化槽管理士の資格を取得しました。当時はまだ仕事経験もなく、右も左もわからない状態でした。

先輩からは年々試験が難しくなっているというプレッシャーを与えられ、毎日真剣に授業を受け、帰宅後も勉強を続けました。

その結果、campusノートが2冊丸々埋まるほど。

当時は二度と試験を受けたくないと思っていましたが、数年後には「大型浄化槽501人槽以上」の浄化槽管理に必要な浄化槽技術管理者の資格を取得することになりました。

技術管理者の講習の1日目を受けた際に、浄化槽管理士講習と全く同じ流れだと気づきました。

つまり、「授業の最後に講師から必ず重要なポイントが教えられるという流れ」です。

講習内容も理解できないし、頭に入らないため、「試験に出る重要なポイントを暗記すれば合格できるのでは?」と考え、その方向にシフトしました。

そうした経緯から、私は重要なポイントを押さえることに焦点を当てるようになりました。

そのため、私は1日目の講習で、最後の授業(約10分程度)で赤線を引いたり、付箋を貼ることにし、前半の授業のほとんどはスルーするようになりました。

技術管理者の講習は3日間ありますが、真剣に聞いたのは最初の1時間と2日目の10分、合計で約1時間20分程度でした。

ホテルに戻ってからは、教えてもらった重要な箇所の前後を見るだけで、ノートには一切書き出していません。

それでも結果的に無事合格することができました。

要約すると、「授業の終わりに出題範囲が指示されるため、その部分を暗記する」という方法です。

問題を理解して解くのではなく、文章に適用した答えを4択から見つけることがポイントです。車の免許試験の取得方法のようなイメージです。(伝わるかな、、、)

勉強が苦手で授業に集中することが自信のない方にとっては、すべての授業を真剣に聞くということはハードルが高いですよね。

チェックポイント

必ず試験に出る問題があります。

それは計算問題です。確実に点を稼げる部分なので必ず覚えましょう。

と言いつつ勉強してたんでしょ?

いなジョー

と、思われそうですが本当にしてません。。

(ドヤれることではないのですが)

もちろんした方がいいとは思いますが、私はできませんでした。。。。

多くの管理士の方々が参加するLINEオープンチャットを運営しております。

浄化槽管理士を目指す方や、資格取得を検討されている方は、ぜひこのチャットにご参加ください。

現在、100名以上の経験豊富な管理士が参加しており、日々有益な情報交換が活発に行われています。

日本最大の浄化槽コミュニティ

浄化槽清掃技術者の資格取得

数年後、私は浄化槽清掃技術者の資格取得のための講習を受ける機会に恵まれました。

講習の内容も浄化槽管理士の講習と大変似ていたので、授業中の情報の全てに集中するのではなく、「授業の最後で強調される重要なポイントだけをメモして暗記する」に専念しました。

それだけで十分、試験に合格することが可能でした。

試験に合格するためには、重要なポイントを集中的に覚えることが鍵となります。

授業の途中は適度に流し聴きし、授業の最後のまとめには特に注目しましょう。

しかし、実際の業務では、試験にでる問題はほとんど使用しません。

実践的なスキルや知識が求められます。そのため、先輩や上司からのアドバイスはしっかりと耳を傾けることが重要です!

まとめ

私自身、「浄化槽管理士講習」から「技術管理者」、「清掃技術者」まで、さまざまな講習会を経験してきた者として、これから浄化槽管理士講習などを受ける皆様のストレスを少しでも軽減するために、この手法を記事にまとめました。

しかし、私の方法を真似て試験に落ちたといったクレームには対応できません。

結果は最終的に自己責任となりますので、ご了承ください。笑

試験は選択問題形式であり、必ず正しい答えが存在します。

試験には「言葉の引っ掛け問題が多くあります。」

文章を流し読みするだけではなく、一つ一つの文字を細心の注意を払って読むことが極めて重要です!

過去問などをおさらいしたいって方にはこちらの本がおすすめです。

資格を持っている私でも、この本には挑戦しがいのある難しい問題がたくさんあります。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事