浄化槽について PR

浄化槽【保守点検記録票】pH、DO、亜硝酸性窒素を簡単解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

保守点検記録票には、浄化槽の適切な機能を確認するための重要な指標として「pH (水素イオン濃度)」「DO (溶存酸素量)」「亜硝酸性窒素」などの項目が記載されています。

これらの項目は浄化槽の機能性を評価する際の重要な基準です。本記事では初心者にもわかりやすく解説します。

  • 点検記録票:保守点検の結果を記録する書類
  • pH:酸性度やアルカリ度を示す数値
  • DO:水中の溶存酸素量
  • 亜硝酸性窒素:窒素変換過程を測定

以下の動画を参照することで理解が一層深まります。

記録票を活用し浄化槽の状態を理解しよう

出典:大町市公式サイト

保守点検が完了すると、管理業者から検査結果を示す点検記録票が提供されます。これは浄化槽の現状を正確に理解するための重要な資料です。点検記録票には以下の項目が記載されています。

  • ブロワー・ポンプ:稼働状態、異音・振動の確認と記録
  • 水質指標:pH、DO、亜硝酸性窒素の測定と記入
  • 放流水:放流状況、透視度、臭気の確認と記録
  • 点検結果:結果の要約、注意事項の指示と記載

pHとは?酸性からアルカリ性の影響

「pH」という言葉はよく耳にするものの、詳細を知っている人は少ないでしょう。pHは「水素イオン指数」を示し、数値で表されます。低い数値は酸性、高い数値はアルカリ性を示します

例えば、酸性のレモンはpH値が低く、家庭用の洗剤は通常アルカリ性で、pH値が高いです(商品によって異なります)。

点検記録票にはpHの数値が記載されており、水の酸性やアルカリ性を把握するための重要な指標となります。浄化槽が正常に機能し、水環境への影響を最小限に抑えるためには、pH値の範囲を維持することが必要です。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

酸性とアルカリ性のニオイの違い

重曹はアルカリ性、クエン酸は酸性の性質を持ちます。これらを組み合わせると中和作用が働き、ニオイの問題を効果的に解消できます。

お客様

台所がにおうな~

台所のニオイは主に酸性であるため、アルカリ性の重曹を使用して中和することでニオイを軽減することが期待できます。

ニオイの種類具体的なニオイや汚れ
アルカリ性のニオイ魚や肉の腐ったニオイ、トイレ、バスルームのにおい、尿、尿石
酸性のニオイ生ゴミ臭や焼き魚、焼き肉の残飯、野菜が腐ったニオイ
その他の汚れ油汚れ

pHの適正範囲と調整方法!

放流水の適正なpH値は5.8から8.6の間です。人間の胃のpH値は約1.0で、非常に強い酸性を示します。この比較で、pHの概念がより理解しやすくなります。

微生物の活動はpHに大きく影響されます。生息環境が酸性やアルカリ性に偏ると、浄化処理が適切に行われず、水質が悪化する恐れがあります。

微生物についての詳細≫

pH値が低い場合は、エアー抜きや間欠運転を行うことで改善が期待できます。

間欠運転は使用頻度が低く、負荷の少ない場所での利用が効果的です。電気代の節約やCO2排出の削減にも貢献します。以下の動画では、間欠ユニットの使用方法や概要について解説しています。

pH値が低下する原因は、後で紹介する硝化反応の進行に関係しています。以下の動画では、pH計の校正方法について詳しく解説しています。

安価なpH計やDO計は、短期間で数値が不正確になることが多いです。当サイトでおすすめするpH計やDO計は、業務での使用に適した高精度な製品です。

水中生命を維持するDO(溶存酸素)

DOは「溶存酸素」を意味し、水中に存在する酸素の量を示す指標です。槽内には酸素を必要とする好気性微生物が生息しています。

微生物

酸素がないと死んじゃうよ~

微生物は生物処理に欠かせない存在で、適切な酸素供給がないと効率的な浄化処理ができません。DOの値は浄化槽の微生物活動や浄化効果に大きく影響します。

DOの値が低い場合、酸素供給が不十分であり、微生物の活性が低下し、処理能力が下がります。逆にDOの値が高すぎると汚泥が崩れたり、槽内の微生物バランスが崩れる恐れがあり、水質に悪影響を及ぼします。

DOの測定は、微生物に適切な酸素供給が行われているかを確認するための重要な指標です。

道具屋さん楽天市場店
¥119,900 (2023/01/27 08:30時点 | 楽天市場調べ)

DOの適正な基準値

一般的にDO(溶存酸素)の適切な基準値として「1.0〜3.0mg/L以上」が推奨されていますが、値は環境や条件によって異なります。

いなジョー

個人的には4.0mg/L以上あるとよい

範囲内であれば微生物は効率的に機能し、浄化作用を最大限に発揮します。油や嘔吐物などが浄化槽に流入すると、微生物の栄養源となり活動が活発化します。その結果、酸素が大量に消費され、酸欠状態に陥ります。

酸欠状態になると微生物の浄化能力が低下し、水質が悪化しニオイの発生も増えます。

酸欠状態を改善するためには、ブロワーの風量を増やす、シーディング剤を投入するなどの対策が効果的です。

「過食、嘔吐」の具体的な対策方法については以下の記事をご覧ください。

過食、嘔吐、油の具体的な対策方法≫

空気中の78%を占める窒素とは?

亜硝酸性窒素は植物の成長に必要な栄養素で、多くの肥料に含まれています。空気中の窒素を植物が吸収しやすい形に変換し、成長を促進します。微生物にとっても重要な栄養源です。

窒素が過剰になると微生物が増えすぎて水質が悪化します。微生物の活動で有機物が分解される際に亜硝酸性窒素が生成されます。

浄化槽に流入する汚水にはアンモニア性窒素が多く含まれています。アンモニア性窒素は微生物の作用で亜硝酸性窒素に変わり、この過程を「硝化」と呼びます。硝化が進むと、亜硝酸性窒素は硝酸性窒素に変化します。

硝酸性窒素は最終的に気化し、地球の窒素循環に寄与します。この変化は水質改善だけでなく、環境全体の負荷を軽減する重要な役割を果たします。

pHが下がる要因

アンモニア性窒素が亜硝酸性窒素に変わり、さらに硝酸性窒素に変わる過程は、「pH値が下がる要因」となります。

亜硝酸性窒素の測定は、硝化反応が適切に進行しているかを確認するために重要です。窒素を除去することで、水はクリーンな状態を維持できます。

水中の窒素が多くなると、海で赤潮のような現象が起こり、水質が悪化します。pHが低い時の対処方法は以下のとおりです。

  • エアー抜きを行う
  • シーディング剤の投入
  • 間欠ばっ気運転を行う
  • pH調整剤を使用する

まとめ

今回のテーマには専門的な議論やさまざまな見解が存在しますが、全体像を理解することは大切です。pH値やDO値、亜硝酸性窒素などの数値が正常範囲にあることは、浄化槽が適切に機能している証拠です。

メンテナンスを怠ると浄化槽の性能が低下し、環境に悪影響を与える可能性があります。専門知識を持つ管理業者に定期的な保守点検を依頼してください。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事