浄化槽保守点検 PR

【クボタ浄化槽HS-5P型】小規模合併浄化槽の処理方式や特徴を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

スポンサーリンク



  • 処理方式は?
  • ブロワーの風量、総容量は?
  • 管理ポイントは?

こちらの浄化槽は、平成9年5月9日に認定を受け、現在まで広く活用されている信頼性の高い機種です。

浄化槽についての知識が浅い方で、メーカーや型式、構造を覚えるのは大変と感じるのは自然なことです。

私自身もこの業界で10年以上経験している身ですが、未だに知らない浄化槽の存在に出くわすことがあります。

今回の記事では「クボタHS-5P型の構造や特性」に焦点を当てて、初心者の方でも理解しやすいように詳しく解説します。

記事の最後までお読みいただき、HS-5P型についての理解を深めていただけると幸いです。

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

【浄化槽の基礎知識】初心者でも簡単に理解!仕組みとメンテナンス方法を徹底解説! 記事を見て解決できるお悩み 浄化槽とは? 浄化槽維持管理(メンテナンス)について 浄化槽清掃の重要性 ブロ...

嫌気濾床槽接触ばっ気方式

処理方式としては、嫌気濾床接触ばっ気方式を採用しています。

合併処理浄化槽におけるこの方式は、事実上のスタンダードな処理方法といえます。

第1室と第2室には嫌気性ろ材が設置されており、固形物と液体を分離した後、嫌気性微生物が分解します。

ばっ気槽には「接触ろ材」が配置されており、好気性微生物による処理が行われます。

好気性微生物と嫌気性微生物の違い

  • 嫌気性微生物は、酸素の存在下では生存や活動が困難な微生物
  • 好気性微生物は、酸素が必須な微生物

スポンサーリンク



5人槽のブロワー風量は60ℓ

人槽風量 (ℓ)
5人槽60
6人槽80
7人槽80
8人槽100
10人槽120

現在稼働しているブロワーは、恐らく日東工器のLAブロワーが設置されていると思います。

古い型式の浄化槽は、容量が大きいため、風量の大きなモデルが主流でした。

\最大ポイント12%アップ!/
Amazon
\年に一度のブラックフライデー!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

総容量は2.859㎥

維持管理要領書では2.859㎥となっていますが、私が撮影した写真だと2.862㎥以上と記載されていました。

誤差なので気にはならない量ではありますが。。。

いなジョー

知っている方がいれば教えて下さい。

水が流れる順番に、各部分の容量を説明していきます。

クボタHS-5P型槽容量 (㎥)
嫌気ろ床第1室0.907
嫌気ろ床第2室0.61
接触ばっ気槽1.009
沈殿槽0.308
消毒槽0.025
放流

合計2.859㎥になります。

以下は5人槽以外の総容量です。

人槽総容量 (㎥)
6人槽3.537
7人槽4.268
8人槽4.957
10人槽6.323

管理する時のポイント

  • 1室、2室のガス抜き
  • 点検時の手動逆洗
  • ブロワーフィルターの清掃

第1室と第2室は「嫌気ろ床槽」で、ろ材が使われています。

ろ材とは、嫌気性微生物が付着し易く活性化するための材質を指します。

ろ材内部にはガスが蓄積するため、定期的なガスの排出が必要です。

このガス排出により、嫌気性微生物の活動を促進し、浄化能力を向上させる効果があります。

ガス排出の具体的な手順については、以下の動画をご覧いただけます。

型式は異なりますが、基本的な手順は共通です。

手動逆洗

最近の浄化槽ブロワーは、自動的に逆洗を行う機能が搭載されていますが、古いタイプの浄化槽では手動逆洗が一般的でした。

逆洗を行う際は、まず逆洗バルブを開き、続いて散気バルブを閉じます。

この操作を数分間続けることにより、生物膜が剥がれ落ちます。

逆洗を行う時の目安

  • 接触材に生物膜が多く付着している状況
  • 沈殿槽でスカムが容易に生成される状況
  • DO(溶存酸素)の値が低い状態
  • 清掃実施前の状態
【プロが解説】2口ブロワーの逆洗機能って?購入時の失敗をゼロにする方法!浄化槽を利用していて、2口ブロワーの選び方に困っている方は、この記事を読むことで助けになること間違いなしです。本記事では、ブロワーの基礎知識から始め、どの商品を選べば良いのか迷う方向けに、具体的な指針を提供しています。...

まとめ

  • 嫌気ろ床槽を採用した接触ばっ気方式
  • ブロワーの風量は60ℓ
  • 5人用槽の総容量は2.859㎥
  • 1室および2室のガス抜きが必要
  • 定期的な手動逆洗を推奨

なにか一つでも参考になれば幸いです。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動中!SNSを通じてこの分野の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し、河川に放流するシステムです。しかし、適切な維持管理がされていないと浄化機能は低下します。この大切な維持管理は、管理士、清掃員、検査員、そして浄化槽の持ち主である管理者が協力して実施します。浄化槽の正しい管理の方法と重要性について、多くの人々に理解してもらいたいと願っています。 また、浄化槽のことを理解することで、浄化槽管理が好きになれます。
オススメの書籍
関連記事