浄化槽保守点検 PR

【放流ポンプ】を新規交換!浄化槽の悩み解消!フロート2つ玉編!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

放流ポンプが故障すると新規交換が必要になります。本記事では放流ポンプのサブユニットの修理方法をスムーズかつ効率的に解決するため詳しく解説します。

放流ポンプの交換でお困りの方は、ぜひ参考にしてください。作業手順は、写真付きで順を追って説明しています。

  • 作業前の状態
  • ポンプを引き上げる作業
  • パイプを流用して新しいポンプに取り付ける作業
  • 古い電線に新しい線を接続し、引き抜く作業
  • アース線を接続する作業
  • アース線をテープで巻く作業
  • 水を張って動作確認を行い、作業完了

浄化槽基礎知識詳細はコチラ≫

原因は漏電!放流ポンプのトラブル

配線の劣化や不完全な接続は線間ショートや漏電のリスクを高めます。また、ポンプの寿命が近づくと、長期使用による微細な隙間から水が侵入し、漏電の原因となることがあります。

今回紹介する写真のケースでは、右側の放流ポンプを動かすと家のブレーカーがトリップする現象が見られ、漏電が原因であることが特定できました。

パイプは再利用が可能で、チャッキ弁についても問題は見られませんでした。チャッキ弁とは、水の逆流を防ぐ目的で使用される弁のことです。

パイプを新規のポンプに取り付けます。

電線ワイヤーを使い配線を引き抜きます。

アース線を繋ぎます。

アース線をテープで固定した後、ポンプを元の位置に戻し水を注入して動作を確認しました。作業には約1時間程度。

関連の動画では、ポンプの交換方法を視覚的にわかりやすく解説していますので、ぜひご参照ください。

ポンプの動作確認方法!

ポンプの動作確認方法については、以下の動画で解説しています。

まとめ

ポンプは防水設計されていますが、長年の使用で微細な隙間が発生し、水の侵入によるショートや漏電のリスクが生じることがあります。

故障したポンプが無駄に稼働し続けると、電気代が大幅に増加します。

もし最近の電気代が通常より高いと感じる場合は、ポンプの故障が原因である可能性を考慮してみましょう。

家のブレーカーが落ちる原因は、放流ポンプが原因かもしれません。

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝え、浄化槽の魅力を感じていただけると信じています。
オススメの書籍
関連記事