浄化槽について PR

【ニオイの原因5選!】浄化槽からニオイがする時の改善、対処方法解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事を読んでいる方は「浄化槽周辺のニオイが気になるが、どうすればいいか」と悩んでいませんか?ニオイは普段意識しませんが、一度気になると解消が難しい問題です。

ニオイの感じ方は個人差が大きく、対策が難しいこともあります。以下にニオイの原因を5つ挙げます。

  • ブロワーの経年劣化や故障
  • マンホールの欠けや割れ、隙間
  • 害虫の発生
  • 浄化槽の維持管理が行われていない
  • 過剰な使用による容量オーバー
いなジョー

動画で見たい方はこちら↓

ニオイの主な原因はブロワーの劣化と故障

浄化槽内の微生物は酸素を必要とし、ブロワーが空気を供給します。ブロワーが故障すると空気供給が不足し、微生物が死滅して浄化処理が停止します。

微生物の死滅はニオイの発生原因となるため、ブロワーは浄化槽の「心臓」と呼ばれるほど重要です。

おすすめの1口ブロワー3選はコチラ≫

浄化槽からのニオイが気になる場合、まずブロワーが正常に機能しているかを確認しましょう。新築やリフォーム後の新設浄化槽では、微生物がまだ十分に定着していないこともニオイの原因の一つです。

上記のような場合、シーディング剤の使用が効果的です。シーディング剤は微生物活性を促し、脱臭効果も期待できます。

使用方法は簡単で、トイレにパックを流すだけです。浄化槽内の環境が改善され、ニオイの問題も解消されます。

マンホールの隙間が浄化槽に与える影響

マンホールの劣化によりニオイが漏れることがあります。ニオイや煙が上昇する性質によるものです。マンホールの耐久性は経年劣化で低下します。小型の汚水マンホールではトラップの有無が重要です。

トラップについての詳細はコチラ≫

メンテナンスや改修によりニオイ問題を解決できます。ヒビや欠けがあるマンホールは割れる恐れがあるため、早めの交換が必要です。

マンホールについての詳細≫

害虫が引き起こすニオイの原因と対策方法

害虫からニオイが発生する原因と対処方法は以下のとおりです。

  • 幼虫が動き回ることでスカムが崩れる
  • 幼虫がスカムを食べる
  • 幼虫の排便がドロドロで悪臭がする
  • 幼虫の見た目が不快感を与える
  • 定期的に殺虫プレートや粉薬を使用して対処可能
  • 浄化槽清掃が幼虫対策として効果的

浄化槽内は一年中暖かく、虫にとって住みやすい環境です。スカムとは汚泥の浮きカスのことです。以下の動画ではスカムの様子を観察できます。

マンホールの隙間やヒビから虫が侵入し、槽内で卵を産むことが虫の繁殖原因です。特にアメリカミズアブの幼虫は不快なニオイを発散し、見た目も不快です。

ミズアブによる悩みは多いです。解決策としては、槽内に殺虫プレートを設置するか粉薬を散布する方法があります。

¥1,067 (2022/12/07 17:42時点 | Amazon調べ)


対策を定期的に行うことで虫の発生を抑え、年間を通じて快適な生活が可能です。害虫対策に役立つ情報が含まれるため、下記の記事も参考にしてください。

浄化槽の害虫問題!槽内に潜む5大害悪生物と対策法と駆除方法解説!この記事では、10年以上浄化槽管理士としての経験を持つわたしが、浄化槽内に存在する害虫の駆除方法を紹介します。浄化槽の害虫は処理機能を妨げ、生活環境にも悪影響を与える可能性があります。害虫被害を最小限に抑える適切な対策法を解説し、快適な生活環境を実現するための実用的な情報を提供します。...

維持管理を怠ると浄化槽は機能しない

浄化槽を長期間維持するには、「保守点検、清掃、法定検査」の3つが重要です。維持管理を怠ると、臭気や水質汚染の問題が生じます。維持管理を実施しないと起きる問題は以下のとおりです。

  • 消毒剤がなくなる
  • 汚物が垂れ流し状態になる
  • 環境への悪影響
  • 漏水や湧水の危険性
  • 悪臭の原因となる
  • 処理機能が低下する
  • 浄化槽が破損する
  • 近隣への迷惑が生じる

浄化槽の点検を怠ると、ニオイが発生し周囲に迷惑をかけるだけでなく、汚染物質が環境に漏れ出します。

浄化槽を使用する人は自身の排水に責任を持ち、定期的な点検と清掃が必須です。維持費や処理費が発生することを理解し、浄化槽の適切な管理が求められます。

法定検査についての詳細はコチラ≫

浄化槽の限界と対策

浄化槽にはさまざまな型式や処理方法があり、最も小さなものは5人槽です。「人槽」は家族の人数ではなく、土地の延べ床面積に基づいて決められます。例えば、40坪以下は5人槽、40坪以上は7人槽のように、大きくなります。

延べ床面積についてはコチラ≫

無駄な水はなるべく流さないようにする

無駄な水の使用は浄化槽への余分な流入を増やし、槽内の滞留時間を短くします。汚水処理には時間が必要で、使用頻度が高いと処理能力を超えることがあります。対処法は清掃頻度を増やすことと、無駄な水の使用を抑えることです。

台所や洗面所、お風呂で水を出しっぱなしにするのは避けましょう。習慣を改めることで水道、電気、ガスの節約にもつながります。

まとめ

下記の方法を実践すれば、ニオイの原因を解決できます。ただし、個人の嗅覚には差があります。

  • ブロワーの運転状況を確認する
  • マンホールの状態をチェックする
  • 浄化槽の周辺に虫がいないか確認する
  • 維持管理を受検する
  • 浄化槽清掃を実施し、水を出しっぱなしにしない

問題が改善されない場合は、専門の管理会社や清掃会社に相談することが重要です。現場ごとに独自の問題が発生するため、プロの意見を聞くことで解決策を導き出せます。

さまざまな事例があるため、問題に応じて管理会社に相談することが大切です。プロの知識と経験に基づく助言により、適切な解決策が見つかります。

おすすめブロワーはコチラ≫

ABOUT ME
いなジョー
いなジョー
わたしは浄化槽業10年以上。現在は浄化槽管理士として活動しています。 浄化槽管理が好きになるをコンセプトに情報発信中。SNSを通じて浄化槽の知識や情報を共有しています。浄化槽は下水道が整備されていない地域の汚水処理施設で、微生物の働きによって汚水を浄化し河川に放流するシステムです。適切な維持管理が必要で、浄化槽管理士や清掃員、検査員、そして浄化槽を所有する管理者が協力して行います。浄化槽の正しい管理方法と重要性を広く伝えます。
オススメの書籍
関連記事